一般社団法人 木暮人倶楽部

木育・食育セミナー『衣食住の総合的な健康維持増進ルネッサンス』 ~免疫力を高める最先端の学際的内容の紹介~ 

mokuiku201608

■主催:一般社団法人全国木材組合連合会、全国天然木化粧合単板工業協同組合連合会、一般社団法人大阪府木材連合会、産経新聞社
開催趣旨
木材が有する健康への優れた効果を広範囲に普及させるために、その科学的データを農学部門のみならず医学、心理学、公衆衛生学 食糧学など多くの部門と連携して分かりやすく示すことが必要です。
杉材をはじめとする国産材が、人間の脳や心身の生理反応に及ぼす効果に近年注目が集まり、急速に研究が進んできました。木材の秘めたパワー『健康』を主題に、木材を生理学、医学的な見地から学際的に調査されたデータをもとに、健康に良い資材とは何かを改めて体感できる世界最先端の内容のシンポジウムです。
●時間 2016年10月22日(土)  13:00~17:00
●場所 笹川記念会館  第4・第5合同会議室 飛龍の間
〒108-0073 東京都港区三田 3-12-12  TEL.03-3454-5062(代)
●講演 「杉材の秘めたパワー 住まいに活かし健康で快適な生活を」
・川井秀一氏    京都大学大学院総合生存学館(思修館)学館長
「森林医学  森林浴で病気を予防」
・香川隆英氏    国立研究開発法人 森林総合研究所 環境計画研究室 室長
「心が元気に:脳内物質セロトニン 」
・谷均史氏  淀川キリスト教病院医師 小児科医・産婦人科医。 日本国内初の離島内での 900グラム未熟児救命育成に成功。発達障害の支援に長年携わる。ABC TV探偵ナイトスクープ医学担当
「杉材の生理的有効性」
・藤田佐枝子氏  (有)ホームアイ代表 「木育情報ネット」代表
●後援(申請予定)
林野庁・国土交通省・文部科学省・厚生労働省
一般社団法人 木暮人倶楽部
●参加ご希望の方は下記よりFAXください。
一般社団法人大阪府木材連合会 大阪市西区新町3-6-9
FAX:06-6531-9184
担当  三宅英隆 橋本真一 石野鳥雲

ロゴマークについて

ロゴマークに使っている文字は、「篆書体(てんしょたい)」(篆文)で、中国・秦の時代に公式書体化されたものです。木暮人倶楽部の「暮」という文字を少々デフォルメしています。オリジナルは、真ん中にお日様があり、そのまわりを草が囲んでいますが、その草の部分の三つを篆書体の「木」に、残る一つを篆書体の「人」にしたものです。お日様を中心に、木と人が寄り添って暮らす。そんな意味を込めています。
ロゴマークについて