一般社団法人 木暮人倶楽部

研究会員

  • 田中 万里子 (農学博士)
  • 髙部 圭司 (京都大学教授)
  • 伊藤 三八 (公認会計士)
  • 落合 博子 (東京医療保険大学教授)
  • 水田 徹(武蔵野美術大学講師)
  • 安藤 恵子 (東京医科大学病院)
  • 植松 誠二
  • 遠藤 亜子
  • 早川 慶朗(会社員)
  • 松村 正道
  • 本田 秀佳 (ホリスティックメディカルクリニック)
  • 伊藤 隼夫 (日本強靭化木材株式会社)
  • 順不同

    ロゴマークについて

    ロゴマークに使っている文字は、「篆書体(てんしょたい)」(篆文)で、中国・秦の時代に公式書体化されたものです。木暮人倶楽部の「暮」という文字を少々デフォルメしています。オリジナルは、真ん中にお日様があり、そのまわりを草が囲んでいますが、その草の部分の三つを篆書体の「木」に、残る一つを篆書体の「人」にしたものです。お日様を中心に、木と人が寄り添って暮らす。そんな意味を込めています。
    ロゴマークについて