一般社団法人 木暮人倶楽部

分科会

会員にはいずれかの地域分科会に参加することや独自で近くの地域分科会を立ち上げることを推奨しており、その地域分科会を通じて、地域での活動や会員の勧誘を行っていきます。
専門分野分科会には、会員各人の興味により自由に参加が可能であり、複数の分科会での活動も可能です。
また、正会員と研究者会員は、理事会の決議を経て、自分で新しい専門分野分科会や地域分科会を立ち上げることができます。ご希望の方は、理事長まで申し出てください。
分科会の開催等の告知は、本ホームページの活動ブログと会員が登録するメーリングリスト等にて行います。

<専門分野分科会>

□設計士部会  部会長 澤野眞一
□研究部会  部会長 髙部圭司、副部会長 清水正義
□商品企画部会  部会長 関橋英作
□ログハウス部会
バーベキュー倶楽部
 部会長 久里耕介
□Forest Healing部会  部会長 落合俊也

<地域分科会>

□神奈川ピザ窯会  部会長 大山弥一郎
□静岡部会  部会長 中村正史
□浜松部会  部会長 蓬台浩明
□東海部会  部会長 中川信治
□関西部会  部会長 柿木央久

ロゴマークについて

ロゴマークに使っている文字は、「篆書体(てんしょたい)」(篆文)で、中国・秦の時代に公式書体化されたものです。木暮人倶楽部の「暮」という文字を少々デフォルメしています。オリジナルは、真ん中にお日様があり、そのまわりを草が囲んでいますが、その草の部分の三つを篆書体の「木」に、残る一つを篆書体の「人」にしたものです。お日様を中心に、木と人が寄り添って暮らす。そんな意味を込めています。
ロゴマークについて